スキップしてメイン コンテンツに移動

注目

着物を売るには?出張買取ってどうなの?BUYSELL(バイセル)さんに聞いてみた!

断捨離したあと、遺品整理した後に着物が出てきて、処分に困ったことはありませんか?

着物はそれなりに高価なものですし、捨ててしまうのはちょっと気がひけますよね。

探せば着物を引き取ってくれるお店はありますが、行き慣れてないお店だと入りづらいもの。

そもそも自分の持っている着物がどの程度の価値があるのかわからなければ、商談もしにくいし、商談するのが苦手だったり...

せっかく持ち込んでも値がつかないかもしれないし、買い叩かれるかもしれません。

そんな理由で、着物が捨てられないって状態が続いていませんか?


最近よく聞く出張買取サービスってどうなのでしょうか?

スタッフが家に来てくれるらしいけど、家に知らない人を入れるのは抵抗ないですか?

気になってはいたのですが、たまたま出張サービスを展開しているBUYSELL(バイセル)さんのお話を聞く機会がありましたのでお話をまとめます。

BUYSELL(バイセル)とは?


坂上忍さんのテレビCMでご覧になった方も多いかも。


BUYSELL(バイセル)は、2001年設立された会社です。資本金は4千万円、従業員は593人(平成30年6月現在)

事業内容なネット型リユース事業となっています

2018年7月1日より、出張買取サービス「スピード買取.jp」から「BUYSELL(バイセル)」に名称変更してます。

今後は買取に加えて、販売など幅広い領域でサービスを展開をしていくそうで、
「買う(BUY)」と「売る(SELL)」の「BUYSELL(バイセル)」という名称になったそうです。

販路が広がれば買取もより強化されるわけで、高く買い取ってもらえるチャンスが増えるかも!

思っていたよりも高額で買い取ってもらえたー、ラッキー!

なんてことになれば、嬉しいですよね〜☆


着物以外にも切手ブランド品アクセサリー、お酒なの高価古物を対象に幅広く取り扱っています。

お家に眠ってい不用品があれば、買取サービスを検討されてはどうでしょうか?


>>> 満足価格!着物の買取【バイセル】はコチラから


BUYSELL(バイセル)の特徴 買取までのスピードの速さ連絡すれば可能なかぎり早く家まで来てくれます。査定後、商談が成立すれば、すぐに現金で支払いをしてくれます 売りたい時にすぐ来てくれるのはありがたいですよね。その場ですぐに現金がもらえれるのも◎! 買取後のアフターサービスも…

MarseditをBloggerで使えなかった原因はアレでした!

MarseditをBloggerで使えなかった原因はアレでした!

Editerってどなの?

いつもGoogleから提供されてるBloggerという無料のブログサービスを利用してブログを作成してるうさこです。

エディターって使ったことがなかったんです。
でも、そろそろ私も皆さんが絶賛しているMarseditというものを使ってみたいなぁなんて思ったりしてました。

MarsEdit - the blog editor for WordPress, Tumblr, Blogger and more. 3.6.2(¥3,450)

カテゴリ: ソーシャルネットワーキング, 仕事効率化
現在の価格: ¥3,450(サイズ: 7.9 MB)
販売元: Red Sweater Software - Red Sweater Software
リリース日: 2010/12/15
現在のバージョンの評価: (1件の評価)
全てのバージョンの評価: (9件の評価)
App


でも¥3,450もするんです!お高いですよねー。使いこなせなかったら勿体ないですよねー。

でも、30日間は無料でお試しができるらしい
じゃあ、ちょっと試してみようかしらん。
そう思いながらようやく重い腰を上げたのが8月も終わりの頃でした。

30日間無料が試せるのは、AppStoreからでなくRed Sweater Softwareのホームページからダウンロードしないといけません!

では、やってみましょう!

自分のブログの情報を色々とフォーマットに入れて...
ところがブログは認識されるけど、今までのポストが表示されないし、グーグルアカウントのパスワードを入れてもエラーになってしまうんですーー。


じゃあってことで、ダミーで新しいブログをポストしてみると、これもエラーに。ガーン


色々とググってみたけれど、解決できなくてあきらめの夏をすごしていました。
私にはMarseditは高嶺の花ね。高値の花・・・しょぼーん。


そして閃いた!



でもこのエラーの中にでてくる英単語KeychainBadAuthenticaitionの意味を調べてるときに、もしかして2段階認証が関係してるんじゃないか思ったのです。

Bloggerの場合は、グーグルのアカウントを使う事になっているのですが、このグーグルアカウント(Gmail account)は最近セキュリティ対策のため2段階認証が推奨されて、私もよくわからないけど2段階認証を設定していました。

色々調べて行くうちに、今回はアプリケーション固有のパスワードを生成すればいいようなので↑リンクの中に出てくるグーグルアカウントの設定ページからパスワードを生成をしました。

そして、もう一度MarsEditのログインからこの新しく生成されたパスワードを入力すると、

出来たーー!
私にも出来たよん‼

   


ということでMarsEditが無事使えるようになりました。
まだ使ってないし、使い方わからないけど...
これから使っていきますよー(`・⊝・´)キュッ

まとめ

こんなんでつまずいてるのは私だけかもしれませんが、
もしこれからBloggerでMarsEditを使おうとしてログイン出来ない場合は、アプリケーションの固有のパスワードを生成してみるといいかもしれませんよって事で。


人気の投稿