スキップしてメイン コンテンツに移動

大河ドラマ「おんな城主 井伊直虎」に私がハマっている理由(感想)

©NHK
こんにちは!
大河ドラマが大好きな うさこ です。

実は、大河ドラマについて前々から色々書きたいと思っていました。でも、なかな実現できず...。

今年こそはがんばろうーと思いたち、大河ドラマclubを立ち上げました。そして、ひっそりと運営していたのですよ、実は!

NHK大河ドラマは、主人公が男女選手交代になるようにしてるみたいですね。去年の主人公は真田丸真田幸村(堺雅人)、そして今年は井伊直虎(柴咲コウ)。

女性が主人公だと面白くないという人もいますが、私の場合は、女性の主人公の回は意外とハマってしまうんです。

やっぱり同じだと共感する部分が多いからなのかも。

最近では、花燃ゆ八重の桜もすごく印象に残っています。

そして、今までの大河ドラマの中で一番泣いたのはなんといっても篤姫

薩摩藩のお姫さまだった主人公が徳川家に嫁ぐお話です。江戸に嫁いでからは二度と薩摩の土を踏むことはなかったというそのシチュエーションだけで、毎回号泣してました。

今思えば、ちょうどその頃、自分の結婚子育ての時期で心情的に重なる部分があったかなと思います。

篤姫の乳母であった老女が嫁入り前の篤姫に向かって、怖い顔

「女の道は一本道。さだめに背き、引き返すは恥でございます」というのを、まるで自分に言われているみたい超ビビって見てたんですよねー(笑)

実際、女をやっていると、女のくせにとか、結婚しろとか、子どもを産め!とか言われることってよくあるのですが、ドラマの中でもだいたいそんな事は日常茶飯事

いつの時代も同じなんだなぁと。何百年たっても、女として通る道って普遍的...。

で、実際テレビを見てる時は、女について心ない発言があると、私は手に汗握ってそれはもうメチャメチャ怒っています。

うさこは激怒した!

走れメロス状態に。走らないけど...


「おんな城主 井伊直虎」ってどんな話し?

さて、2017年NHK大河ドラマ「おんな城主 井伊直虎」は1月から放送開始され、今は第20回を終わったところです。全50回なので、40%くらい進んでいます。

実は、井伊直虎って教科書にも出ていないし、歴史に詳しい人でさえ知らない人なのです。なので、最初はあんまり気持ちが乗らなかったのは事実です。

でも、大河ドラマが始まってみると、これが超面白くて、ビックリしました。

いや、ほんと今までの大河ドラマの伝統を壊しに来てるよこれは!って思いました。なんといっても大河ドラマなのに、農民とか、お金のはなし(経営的な)とか前面にでてくるのが新しいです。

今までの大河ドラマはスポットライトがあたるのは武士公家だったし、戦争や歴史的な出来事を中心に描かれていることがほとんどでした。

「おんな城主 井伊直虎」では、もっと生活に則したお話がでてきます。それがなかなか面白いです。


●ドラマを見てない人のために簡単なあらすじに書いておきます。

時は戦国時代井伊(今の浜松の近く)は周りを大国に囲まれた小国。うまく大局を見極めなくて動かなくては国が危うくなるという状況におかれています。

井伊では、男たちが次々と戦さで亡くなってしまい、領主の一人娘である直虎が家を継がなくてはならない事態になります。

そこで、出家していた先代領主の一人娘の次郎法師(柴咲コウ)が領主に名乗りを上げます

井伊直虎と男名を名のり、斬新なアイデアを駆使し、難しい舵取りながら、井伊を次世代へと繋いでいくために奔走するのです。

直虎ってどんな人


直虎の幼少時代はとにかく元気印な子。鬼ごっこで捕まりそうになると、崖から川にダイブしちゃったり。突然家出したりもする。

幼なじみの亀之丞との結婚話がなくなり、他の人と一緒にさせられそうになると、これを阻止するために、自分の髪の毛をジョキジョキ切って出家すると言いだしたり。

思いついたら、躊躇せずにどんどんやっちゃう系のアクテイブ女子

©NHK


実際、10歳で出家して、一休さんみたいな可愛いくりくり坊主にもなったりしますが、その後は美しい次郎法師(柴咲コウ)に。からの領主への華麗なる転身。

ところが領主になったものの、仕事はわからないし、反対勢力はいっぱいいるし。女に何ができる!って面とむかって言われることもあるある。

でも、直虎はそんなとき一歩も引かないんです。場合によっては取っ組み合いの試合になることも(笑)

がむしゃらに、新しい人材もアイデアもどんどん取り入れて走り回る

そんな直虎に、周りの人々も次第に突き動かされるようになる。

とにかく、直虎という人はよく言えば、バイタリティーに溢れる熱い人。

でも逆に言えば、思いつきで物事を決めたりハチャメチャなところも幼稚なところもある。失敗も多い。

そうすると直虎は反省したり、迷ったり、右往左往。

人間だもの...

そして、困ったことがあるときは、和尚さんに相談だー!あるいは行きずりの旅人にも聞いちゃう。

そして、その中から答えを見つけて、また生まれ変わって、走りだす!みたいな。

そんに男らしい人です!?

直虎のよさ


古い慣習にとらわれない、自由で柔軟な発想ができるところが直虎の良さの一つだと思います。

それが実行できるのも先代の男たちがみんな亡くってしまっていることは大きいのかもしれません。あと、今まで政治的なことに関わってこなかったことも関係してるのかも。

始めはみんな反対され、ついてきてくれる人はいなかったけれど、めげずに熱く強く突き進む姿にだんだんみんな動かされるようになり。

誰かに反対されても、それを受け止めて、よく考えて、自分なりに咀嚼して、そして自分の思いをちゃんと相手に伝える

そして、相手も直虎私利私欲のない考え方に反対に驚かされ、気づいたら味方に。

(...私も直虎さんの味方よ!)

©NHK



さいごに

そんなわけで、私も「おんな城主 井伊直虎」を毎週見てあらすじも書くようになったのですが、あらすじを書く前に本を読んで感動して泣いて、あらすじを書きながら泣いて、編集しながら泣いて、放送を見てまた泣いてという、とんでもないデドックスなサイクルになっております。

私は他のドラマとか見てないのですが、大河ドラマはずっと見てます。

もちろん、見ていて面白くなければ大河ドラマでも離脱しますが、「おんな城主 井伊直虎」は想像以上に面白くて感動的で毎回楽しみでしょうがないです。

この先どうなるのかは私もわからないのですが、意外な展開がまだまだ待っているもようです。

「おんな城主 井伊直虎」見てないけれど、気になる方はいまからでもまだご覧になってはいかがでしょうか?

あ、私はけっしてNHKの回し者とかではございませんよー(笑)

それから、イケメン俳優さんが多数出演されていることも忘れてはいけませんね。三浦春馬さんはもうドラマでは亡くなってしまいましたが、高橋一生さん、市原隼人さんなど。

目の保養どころではなく、めっちゃゾクゾクしますのでご注意を

柳楽優弥くんもこれから活躍しますのでお見逃しなく〜。



©NHK


©NHK




©NHK
こちらであらすじを書いていますのでよかったらどうぞ

このブログの人気の投稿

自転車の鍵が突然開かなくなり焦った。そして今後の時のためにやったこと。

自転車の鍵のなくした!でも錠を壊すまえにできることがあります

オシャレなコンビニ 「gooz 」にハマっています