おっぱいのヒミツ

”おっぱい”といっても、赤ちゃんの飲むおっぱいのお話です

私が出産時に入院した病院には、その名もおっぱいルームというお部屋がありました。正式には授乳室という名称だったと思います。 

赤ちゃんにおっぱいをあげる時間が決まっていて、時間になるとお母さん達がその部屋へ集合します。そして新生児室からカートに載せられた赤ちゃん達を看護婦さんが運こんできてくれます。 

そしてお母さん達は、カートの中から自分の赤ちゃんを探して抱っこして、みんなでまるくなっておっぱいをあげるのです。 小さな赤ちゃんたちが束になってカートに並べられてるさまは、ほんとうに可愛らしく可愛らしくて、いつも見とれていました。

初めのころは、自分の赤ちゃんが探し出せるか心配でしが、ひときわ光り輝いている1番可愛い赤ちゃんがいるなぁって思うと、だいたいそれが自分の子なのです。他の方もきっと自分の子が一番輝いて見えてると思いますね。あえて口にはださないですけど。

初めてのおっぱい


 赤ちゃんは最初はおっぱいをあまり飲めません。おっぱいをくわえても上手く吸えないものです。でも、お母さんの方は産後からおっぱいはどんどん作られて、そして胸が堅くカチカチになってしまいます。

 出産後はかたくなったおっぱいを柔らかくするために看護婦さんたちが二人がかりで揉みほぐすのです。揉むというより強く押す感じ。すごく痛いです。 でも痛いと言っても、半殺し的な苦しみを受けたお産の後ですから、お産にくらべれば全然ちょろいのですが...でもかなり痛かったです。

  肉割れ・妊娠線ケアに!プレマーム♪

自分の子におっぱいをあげた時、あることを話しかけてみました。そしたら数日後、赤ちゃんを産んだばかりのお母さんが全く同じことを話かけてたので笑ってしまいました。 さて、なんて聞いたのでしょうか? 

それは赤ちゃんに、”おいしい?”って聞いてたんです。おっぱいの味見はしたことがないけど、血の味がするってだれかが言っていました。色も牛乳より薄くて、美味しくはなさそうでしたけど。  

Feed!


  赤ちゃんにおっぱいをあげてる時、こんな言葉が思い浮かびました。

Feed!

 動物に餌をあげるとき手に乗せてあげたりしますよね。でもおっぱいをあげるということは、自分の体から作られたものを赤ちゃんが直接とっているのです。

いままでおっぱいを意識して生きてこなかったけど、おっぱいにこんな機能があって初めて人ために活用されてるんだ!ってびっくりしました。

 そしておっぱいをあげながら、自分と子供は命がつながっているんだなぁーと感じていました。

 実際のところ、おっぱいをあげてる時はちょっとくすぐったいです。でもくすぐったいからやめて!って言えないんですよね(笑) じきに慣れますけどね。
 

おっぱいの思い出


新生児の頃はほんとうによく泣く子でした。しくしく泣くというより泣きわめくに近くて、どうしていいかわからずとにかく一日中おっぱいをあげまくっていました。おっぱいを飲んでるときは絶対に泣かないですからね。

合間になんとか家事をやって買い物して。どうやって乗り切ったのか思い出せない。毎日必死でした。 だんだん大きくになるにつれておっぱいの回数も減りましたが、夜中でも関係なく急に泣きわめき、泣き出すとなかなか泣き止まないので、常に戦闘態勢でした。

お風呂もトイレもおちおち入ってられなかった日々でしたね。 おっぱいは赤ちゃんにあげればあげる分どんどん作られるので、胸がパンパンになって赤ちゃんが吸ってくれないと痛くなってしまうのです。

うっかり外へ一人で出てしまった時などは、時間が経つにつれて胸が痛くなってきて、”おーい、だれか吸ってくれ〜”って内心思ったりしたこともあります。 自分で絞ったり、搾乳機というのがあるのですが、赤ちゃんが飲んでくれる威力には全然かなわないのです。

大きいおっぱいと小さいおっぱい

もともと胸の大きい人はおっぱいの出が悪くて、小さい人の方がよく出るという説があるのですが、私の見た限りではそれは当っていましたね。

ええ、私は胸が小さい人なのでおっぱいがすごくよく出たのです。どのくらい出たかというと、赤ちゃんが片側からおっぱいを飲んでると、反対側のおっぱいが反応しておっぱいが出てきちゃうのです。

 初めはタオルで反対側のおっぱいを抑えてたのですが、タオルが幾つあっても足りないのでコップで受けてました。コップで受けたものは捨てるのですが、だれかに分けてあげられたらいいのになぁって思っていました。(雑菌が入るからダメなのはわかっているけど)

 中にはおっぱいの出のよくない人もいるますが、今の時代は粉ミルクがありますから問題ないですよ。むしろ粉ミルクだったら夜中の授乳を旦那さんに代わってもらえるからいいという人もいました。

 産婦人科でおっぱいマッサージというのを教わり、それを妊娠中に毎日真面目にやっていました。それでおっぱいの出がよかったのかもしれません。 

youtubeでおっぱいマッサージで検索してみたら変なのばかり出てきたので載せれませんでした(笑) 必要な方は産婦人科などで聞いてみるといいと思います。  

おっぱいあげてた時に思ってたこと


若い頃に、結婚してこどもを産んだ友人がこんなことを言っていたのです。「こどもが満足するのを見ると自分も満足する。」 

実は、その時は意味がよく理解できなかったのです。 子供がおっぱいを一心に飲んでるのを見てる時、こう感じたんです。

今、自分は子供を満たしているのだ。そしてそれは母親である自分にしかできない特別なことなんだと。

 1日に何度もそして夜中でも起こされておっぱいをあげるのは大変です。冬は寒いし、夏はおっぱいが溜まってくるとめっちゃくちゃ暑いし。

時間をとられて他の家事は進まないし...。 

それでも、自分の子供を自分で満たしてあげるのはなんて幸せなことなんだろうと。

  そして、みんなおっぱいで育ってきたのだということ。私は関係ないわ!って言う人はいないのです。

ミルクだとしても誰かがミルクを作ってだっこして飲ませてくれなければ赤ちゃんは一人では飲めないのですからね。

 妊娠がわかり、毎日おなかの赤ちゃんの存在を感じながら生活していたときに思いました。道にあるいてるこの人もあの人もみんなお母さんのおなかの中にいたんだよなぁって。

なんか世界が違って見えました。 どんな人もみんな小さな赤ちゃんで産まれて、大事に胸に抱かれて育てられてここにいるんですよね。当たり前のようだけどそれって凄いことで
すよね!

コメント

人気の投稿