スキップしてメイン コンテンツに移動

投稿

ラベル(税金)が付いた投稿を表示しています

確定申告 医療費控除のやり方 

我が家はサラリーマン世帯なので、ふつうは確定申告は必要ありません

ただ医療費が一年間で10万円を超えることが多いので、税金を還付してもらうために確定申告してます。微々たるものですが、少額でもやった方が絶対お得なのです。


e-taxは使わないで申請しています
私のやり方は、申請書を取り寄せて、手書きで記入して提出しに行くというオーソドックスなやり方です。備忘録もかねてやり方を書いてみました。初めて医療費控除の計算をやる方には参考になるかもしれません。
e-taxを使いネットで申請するやり方もありますが、私はやってません。なぜならカードリーダーを買ったりするのに初期費用がかかるし、今のところあまりよい評判を聞かないので。
詳しくは国税庁のホームページをご覧ください。





用意する物: 確定申請書、説明書領収書源泉徴収票電卓

あると便利なもの 指サック大きめクリップ 数個表計算ソフト
1.  確定申告申告書の入手方法は、直接税務署等へ取りに行くまたは国税庁のホームページから入手する。e-taxを使って申請書を送信する方法もあります。
私の場合は直接、確定申請書を取りに行っています。自分の自治体でどこで配布しているか市報やホームページ等で事前にチェックして一番近いところに行きます。

なぜわざわざ貰いに行くかというと、税務署で配られる申請書のセットは見やすいし書きやすいのです。あと領収書を入れる封筒郵送する場合の封筒を作成する用紙などのもついてくるので地味によいのです。







2. 領収書は病院等にかかったときに支払ったレシートです。これがないと申請できません。交通費はタクシーのレシート、電車賃などはメモでも大丈夫です。
3.  源泉徴収表は勤務先より発行されるものです。



概要
どんな事をやるのかイメージがあるとわかりやすいので簡単にご説明します。

医療費の集計というのは、生計を一にする親族が1年間に支払った医療費をこの下の明細表にあわせて集計して記載していくのです。支払った医療費のレシートが必要になります。



集計が終わったら、下の蘭を埋めていくと控除額がでるようになっています。その金額を申請書に転記していきます。
確定申請書の書き方は説明書「給与所得の医療費控除の記載例」と「源泉徴収票」を見ながら埋めていけば還付金額が計算されるようになっています。



必要な書類を揃えて落ち着いて進めていけば大丈夫です!


(…