スキップしてメイン コンテンツに移動

あなたの風邪はどこから? 私は喉から #風邪ログ

久しぶりに風邪をひいてしまったうさこです。はぁー。ホントに辛かった。

でも今後のためにログを残しておこうと思いつきましたよ。身から出たネタってやつですね。

今回の風邪は喉から


私の場合は、喉かお腹から風邪がやってくることが多いです。

週末に元気にテニスをした後に、ふと喉の痛みを感じたのです。とりあえずのどにスプレーする薬をドラッグストアで買いました。

家に帰るまで我慢出来ずに人目につかないところでスプレーしちゃいました。





家に帰ってからもスプレーをしまくりましたが喉の痛みは引かず。

ならば家にある葛根湯を飲もうかと思ったら、ない!あるのは葛根湯の空き箱だけでした...。がーん


その後の経過


もう夕方だったので、翌日に病院行くことにしてしました。

でも夜に向って痛みはどんどん激しくなってきて、息を飲み込む時でさえ痛くて飲食もまともにできなくなりました。

夜寝てても痛みで何度も目が覚めて...これはかなりヤバいなと思いました。

風邪の時はいつもビタミンCのドリンクを飲むことにしてるのですが、これも一口飲み込むのに難儀しました。

ほんと喉が痛たすぎて飲み込めない...。


翌日、かかりつけ医院に行きました。「先生、喉が激痛なんです!」と訴えました。

すると溶連菌かもしれないということで検査をされました。結果はノーでした。

その後処方された薬は、小柴胡湯加桔梗石膏湯という漢方薬です。お湯に溶かしてうがいしながら飲むお薬です。喉に効くのだそうです。




一日経ち、だんだん飲み込みが出来るようになってきたと思ったら、今度は発熱、そして頭痛関節の痛みがやってきました。

熱は38.5度まであがりました。熱は一日ほどで終息しました。家事以外ではずっと寝ていましたが、身体中が痛くて辛かったです。

休日明けに、もう一度同じ医院に行きました。このときは熱は下がりましたが、咳と鼻水が顕著になり黄色の痰が出るようになっていました。

今度は柴朴湯という漢方薬が処方されました。


今後気をつけようと思ったこと


やっぱり寒いと思ったときは、風邪をひきかけたりする可能性が高いのです。

冬がやってくるのですから、そろそろ本気で寒さ対策をしなければと思いました。

冬はとにかく暖かくしてゆっくり休むことが一番大事なんだと思います。

で、去年は家でどんな防寒対策してたんだろう?って思ったらちゃんと自分で書いてありました!

冬支度はじめました (寒さ対策)

みなさんも風邪ひかないように気をつけてくださいね〜!





このブログの人気の投稿

自転車の鍵のなくした!でも錠を壊すまえにできることがあります

送料無料の自転車通販サイト!届いたらすぐ乗れる自転車が充実の200車種!
自転車の鍵をなくした!

自転車のキーを失くして困ったことってありませんか。

先日、私は自転車の鍵をなくしてしまいまして...。

まあ、よくあることなのでそのうち出てくると思っていたしばらく放置してたのですが...。

家の中をあちこち探したり、立ち寄ったお店にも聞いたりしましたが何日も見つからなかったのです。

うちにはがありません。

自転車(電動)が唯一の食料品等の運搬道具なのです。これがないと大変なのです。

どうしよう…


鍵をなくした時の対処方法をネットで調べました

自分で自転車のサークル錠を壊して、新しいチェーン錠 をつける。

自転車屋さんに持って行ってサークル錠取り壊してもらい、新しいサークル錠注文するなどして取り付けてもらう。調べたら、だいたいそんな感じでした。

自分で壊すのは、怪我をしたりする恐れものでやめた方がよさそうな感じです...

ちなみに、私の自転車は電動(Panasonic製品)なのでバッテリーが付いています。

充電する時はバッテリーを自転車本体と同じ鍵を使ってはずすので、バッテリーの錠も壊さないといけなくなる....


じゃあ、自転車屋さんへ行く?

近所には自転車屋さんがあるのですが(購入店ではない)連休していたのです。

購入した自転車店は、かなり遠くで、鍵のかかったままの自転車を持って行くのは無理でした。




そうこうしている間に、ふとこんな事を思ったんです


鍵だけを購入出来ないだろうか?
そして自転車の取扱説明書と保証書を探してみました。

すると、

"キーを紛失されても番号がわかれば、スペアーキーを購入できます。販売店にご相談ください"
と書いてあるではないですか!

でも、あいにくキーの番号はわからない…

と、保証書を見てみると、
販売店の方で鍵の番号をちゃんと記入してくれていました

自転車屋さん神!
ありがとうございます\(^ω^\)( /^ω^)/




自転車購入店に電話で問い合わせすると、鍵番号がわかれば、メーカーに注文出来るとのこと。

手続きの為にお店に行きました。
販売店は徒歩で30分くらいかかるのですが、

自転車の鍵が突然開かなくなり焦った。そして今後の時のためにやったこと。

この前自転車の鍵が開かなくなりました
10年近く自転車に乗っていますが、こんなことは初めての経験でした。鍵はちゃんとあって鍵穴に入るのに回すことができないのです。
駅前の駐輪で、何回も何度も鍵を鍵穴に突っ込んでは出しを繰り返しました。でも開く気配すらない。夕方だったのであたりはだんだん暗くなってきました。自転車屋さんに担いで自転車を持っていく体力はないし、困った...





そうだ!こんな時はネットで検索! 連絡すると、鍵のトラブル的なことで連絡するときてくれる業者とか自分で鍵を壊す方法などが出てきました。でも、鍵を壊すのはちょっと...。それは最後の手段にとっておきたい。

そうやって困り果てて、鍵を弄ったりしているとなんと突然カチャと鍵が外れたのです!なにか見えない力が働いたのでしょうか?よくわからないけど、逃げるようにその場を走り去りました〜。

だけどまたこんな事が起きたら困ると思い近所の自転車さんに寄って見てもらうことにしました。自転車さんによれば、特に問題はなさそうでした。...え、なんでなん??
最後にシューっと鍵のあたりにスプレーをかけてくれました。

この溝のところにスプレー

潤滑油スプレー
そう言えば、昔新しいマンションに入った時にドアの鍵の具合が悪くて、管理人さんに鍵穴にスプレーしてもらったりしたことがあったのです。結局、その後ドアの鍵は交換になったのですけどね。

調べてみたら鍵穴の中に石が入ってしまったり、中に水が入って錆び付いたりして鍵が開かなくなることってあるようです。応急処置的にこんなスプレーを用意しとけばなんとかなる場合もあるのかもしれません。

どの辺で売ってるかなと近所で探してみました。コンビニにはありませんでしたが、100円Shopにはありました。一つ買って自転車のかごに入れて置くことにしました。



ほんとに突然鍵が開かなくなるのって恐ろしい体験でした。パニックになりそうになります。でもそんな事もあるんだなって心得ておく、対処法を考えておくことも必要だなと改めて思いました。
自転車の鍵をなくした時の対処法はこちら


【世界遺産】広島の原爆ドームへ行って驚いたこと

初めての広島訪問
広島の原爆ドームはテレビや写真では見たことはありますが、実物を見るのは今回が初めてでした。

広島平和記念資料館






今年は戦後70周年ということもあり、訪れる人が多いとタクシーに運転手さんが言ってました。

広島駅から歩いても行けますが、バスや路面電車も出ています。今回は路面電車で行ってきました。

原爆ドーム…
こんな感じに青く晴れ渡った夏の日に、戦闘機がやってきて原爆が落とされて…一瞬にして大勢の命が奪われ、全てが焼き尽くされて…地獄の様相だったのでしょう。

言葉もありません...


原爆ドームの前には川が流れ、対岸は広大な緑のきれいな公園になっていました

公園のなかには平和の鐘がいくつかありました

広島原爆戦没者慰霊碑
慰霊碑の中より
原爆ドームが見える設計になっています
広島平和記念資料館
資料館は外でも待たされ、中も満員電車のようにぎゅうぎゅう詰めでしたのであまりじっくりと見ることできませんでした。
中にはとても直視できないようなものもありました。でも近年は展示物もかなり刺激の強いものは置かれなくなっているそうです。

昔はホルマリン漬けの胎児があったのだとか...

展示物をいくつか





広島へやってくる人々
この日は平和記念館の前に長蛇の列ができていたのですが、驚いたことがあります。

それは外国人観光客がとても多いということ。

私の並んでた前後も外国人のグループで、スペイン語やフランス語が聞こえてきました。

あとで知ったのですが、広島の平和記念館は日本の観光スポットとして常に上位につけているようです。

外国人に人気の日本の観光スポット ランキング 2015 | TripAdvisor Gallery 旅のヒントが詰まったキュレーションマガジン


でもここは決して楽しい場所ではないのです。

平和記念公園一帯には美しい景観が広がっているのですが、70年前にそこで起こったことを考えると気持ちが沈んでしまいます。

なのに、遠い国から飛行機に乗ってやってきてディズニーランド富士山や京都よりも広島を目指して来る人が多いなんて高いなんて驚きです!

年齢層は10代〜50代くらいだと思われます。みんな戦争を知らない世代なんですよね。

外国の人はなぜ広島へやってきて、ここで何を感じでいくのでしょうか?

「Youは何しに日本へ?」とは聞けなかったけれど、私の中でとても興味深い…