スキップしてメイン コンテンツに移動

iPhoneでビデオ撮影そしてMacで編集してみてわかったこと


iPhoneでビデオ撮影


先日子どもの中学校の卒業式がありまして、今回は写真ではなくiPhoneでビデオ撮影に挑戦しようと思い立ちました。

実は、iPhoneでビデオの機能って今まではあまり使っていませんでした。なので今回はビデオ撮影の練習です。もし上手くいかなかったら、すぐに写真に切り替えればいいわけですから気楽な気持ちで始めました。

ところが、実際卒業式当日にiPhoneでビデオ撮影して、後日Macに動画に取り込んで編集という作業をしてみたところ、わからないことだらけだったのです。毎日、編集作業に苦しみました。エラーをだしまくり、Macも固まり、そして私も固まり...。

でも途中で投げ出すわけにもいかず、卒業式の歌を延々と聞いて切ない気持ちになりながらも、約1週間程かかって...やっと卒業式ムービーを完成させました。というかなんとか終わらせました...。

はぁ、ホント大変だったーーー。

でもそんな失敗もつまづきも時間がたてば忘れてしまうので、次回の為にも自分の備忘録として残しておくことにしました





1. iPhone ビデオの撮り方


iPhoneのビデオをいざ使おうと思った時に、「あれっ、ビデオってどうやって撮るんだっけ?となったことはありませんか? そして、ワタワタしている間にて撮影のタイミングを逃してしまったー(涙)

私はよくあります〜ヽ(=´Д`=)ノ 

ビデオも普段使ってないとどうやるのかわからないですよねー。


ビデオのアプリ等も色々ありますが、まずはApple純正のアプリを使うのがやっぱり一番簡単。...慣れてきてから他のアプリを使うのがいいでしょう。


●アプリの立ち上げ方

純正カメラは電源を入れたらロックを解除しなくても、右下に出てくるカメラのアイコンをタップして上にひきあげるようにすればすぐに起動します。



最初はカメラモードが立ち上がりますが、左にあるビデオを選択すればビデオモードに切り替わります。



下部の真中にある赤いボタンをタップすればビデオ撮影が開始します。ズームで撮ることもできます。



ズームは、ピンチアウト(2本指を使って画面中央から広げる)すればOKです。

2. 撮ったビデオの保存先は?

ビデオは簡単に撮れますが、撮ったもののファイルはどこにあるんだろうかと始めの頃は思ったものです。カメラで撮ったものは写真のなかに保存されますが、ビデオで撮ったものはどこに保存されてるのでしょうか?

撮ったビデオは、純正アプリ写真の中に自動的に保存されます。カメラロールビデオのアルバムーの両方にビデオのファイルが入っています。左下に白いビデオのマークがついてるのがビデオのファイルです。

写真もビデオもおなじアプリ写真アプリに一緒に保存されいます。





3. ビデオ撮影時のiPhoneの持ち方→横持ちが○

スマホって普通は縦持ちしますよね。ビデオを撮る時も当然のように縦持ちして撮ってました。でもこれはちょっと良くないようです。




もちろん動画をiPhoneで見るだけなら、iPhoneも縦でも横でもどんな持ち方で撮ってもいいのです。

ただiPhoneで撮影したものをPCやモニターで見るという場合にはiPhoneは縦持ちだとちょっと問題がありました。

普通に縦持ちでiPhoneを構えてビデオを撮っていたのですが、Macで読み込んだところ↓の様になってしましました。




PCの横モニターで見ると横に黒い余白ができて、画面が小さくなってしまっています。これは毎回そうなるわけでなく、横モニターに対応出来てることもあり...。その辺りはどうしてそうなるのか今のところ不明なのです。

ビデオカメラだとカメラは横向きで撮るのがデフォルトなので、スマートフォンで縦で撮ったものを通常横置きのモニターに変換する使用には対応できないようです。

というわけで、今後は撮ったビデオをモニターでみる可能性がある場合は、iPhoneは横持ちで撮影するようにしようと思います。





「縦持ちの撮っても横長に変換してくれるアプリ」というものを発見しました!


HiVideo - 静音・縦持ち横長ビデオ&写真カメラ撮影
カテゴリ: 写真/ビデオ


iPhoneは縦持ちの方が持ちやすいし、横にしてるといかにも何か撮影している感が溢れてしまい周りに引かれるような気がしてしまうこともありますからね。今度試してみようと思います。



3. 動画をMacに取り込む方法


iPhoneで撮った動画をiPhoneで簡単に編集することもできますが、大きい画面で確認しながら編集する場合はやはりPCに動画を取り込んでから編集するほうがやりやすいです。

※私の場合はMacしか持ってないのでWindowsのやり方はわかりません。ごめんなさい...

動画を取り込む方法はたくさんありますが一番シンプルな方法は、保存してある動画を選んだら左下のアイコンを選択します




AirDrop、メッセージ、メールで送信など色々選べます



シンプルにメッセージで動画を送る方法を選んでみました。ちょっとタイムラグはありますが動画は簡単送信できます。

でも、ここで問題発生!動画のサイズが大きいと送れないのです。(サイズを小さくするように要求されます)

他に方法はないかなー?と探していたら、ありました。イメージキャプチャです。Macには標準でついているアプリです。



イメージキャプチャ


イメージキャプチャを立ち上げたらiPhoneとMacをUSBケーブルでつなぐと、写真やら動画の一覧がでてきます。必要なものを選択して読み込めばOKです。サイズが大きくても問題なく読み込めました。複数ある場合は一気に選択できて便利です。




4. 動画はわかりやすい名前に変えておく


動画が複数ある場合は、わかりやすい名前に変更しておくことも大事です。最初についているアルファベットと数字からなる名前のままで編集し始めると、途中でどれだかわからなくなり、消してしまったり何度も失敗しました。

編集について


編集は始めはiMovieを使う予定だったのですが、かなり込み入ってきたので途中からAdobe Premeier Proで編集しました。半年前に@まぐにぃのワークショップを受けたのですが、かなり忘れてしまっていて一から復習する事になってしまいました^^;

編集は慣れてい出てくるないこともあって、膨大な時間がかかりました。編集自体にもファイルを読み込んだり書き出したりするのもメチャクチャ時間をとられます。私の使っているMacがパワー不足だったというのもありますが。

卒業式は3時間近くあってかなりの部分を撮影したのですが、他の人が見た時の事を考えると式の様子を延々と見せられるのはやっぱり辛いと思うので10分以内に編集しました。

うちの子の中学校では合唱に力を入れているという校風で、特に合唱が素晴らしかったので、合唱をベースにして色々なシーンを重ねあわせる編集をしました。


さいごに


時間も労力もあまりない知力も総動員して作った動画はまぁ出来はあまりよくないけどね、でもなんだかとても愛おしいです。もう何度も見てしまいます。手ぶれはしまくってるし、壁や天井ばかり写っている部分もあって...。まあ内輪でしか見ないですからね、いいのです。

中学生って小学生みたいに子供らしさとか可愛らしさは全然ないし、似合わない暗い色の制服を着いてパッとしないし、反抗期だったりしてなかなか扱い辛い時期なんですよね。しかも卒業前に半年くらいは進学の準備で親も子供も緊張を強いられて、やっと終わったと思ったらもう卒業の時期になっていました。




編集するのために合唱を何度も聞いていて気づいたのですが、男の子の声がもう男の声になってるんですよね。だから混声になった時に奥行きが出ていて力強くて素晴らしいハーモニーになっていました〜♪

しかも男子が卒業式で泣いたのを見てビックリしました。私の若い頃は、男が人前で泣くってことはなかったのです。おばさんキュンキュンしてしまいましたよ。


中学校3年間、色々あったけどあっという間でした。3年間で子供たちはたくましく成長したなぁって改めて思いました。

先生たちも生意気さかりの子供たちを指導するのはさぞ大変だっと思うのですが、卒業式で晴れやかに笑って送り出してくれました。感謝の気持ちでいっぱいになりました。

本当にとてもいい卒業式でした。私も編集をやっと卒業できてよかった。次もがんばろう!




このブログの人気の投稿

自転車の鍵が突然開かなくなり焦った。そして今後の時のためにやったこと。

自転車の鍵のなくした!でも錠を壊すまえにできることがあります

オシャレなコンビニ 「gooz 」にハマっています